×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オルビス・クリアミニセットの特徴!

大人ニキビ予防にオルビス『クリアミニセット(約21日分)』!

・大人ニキビを原因から予防すべく、和漢処方を採用!
・ダメージバリア成分で外的刺激おら保護!
・『さっぱりタイプ(普通肌~脂性肌)』と『しっとりタイプ(乾燥肌~普通肌)』あり!

・繰り返す大人ニキビの根を絶つ。機能性和漢が、ニキビの原因を根底ケア!

繰り返す大人ニキビの原因を徹底追及し、7つの機能性和漢を配合!大人ニキビの原因の根底にアプローチ!

オルビス・クリアミニセットの内容(約21日分)!

  • 【医薬部外品】クリアウォッシュ(洗顔料)
  • 【医薬部外品】クリアローション(化粧水)
  • 【医薬部外品】クリアモイスチャー(保湿液)

クリアウォッシュの主な成分
●無油分、無香料、無着色 ●グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合=ニキビ・肌荒れ防止薬用成分●マイルドクリーンパウダー(真珠エキス含有)配合=洗浄補助成分●霊芝(レイシ)エキス、苦参エキス配合=和漢植物性保湿成分

クリアローションの主な成分
●無油分、無香料、無着色 ●界面活性剤不使用●グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合=ニキビ・肌荒れ防止薬用成分●霊芝(レイシ)エキス、苦参エキス、高麗人参エキス、ヨクイニンエキス配合=和漢植物性保湿成分●弱酸性

クリアモイスチャーの主な成分
●無油分、無香料、無着色 ●界面活性剤不使用●グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合=ニキビ・肌荒れ防止薬用成分●霊芝(レイシ)エキス、苦参エキス、蓬(ヨモギ)エキス配合=和漢植物性保湿成分●ダメージバリア成分配合=乾燥などの外的ダメージから肌を保護する保湿成分●弱酸性

●ご注文はこちらから → 大人のニキビ肌用スキンケア


大人ニキビは和漢処方が良いわけ!
大人ニキビは、同じところに繰り返しできてしまったり、周期的にできてしまうことが多いです。これらの原因は、過剰な皮脂分泌だけでなく、乾燥やストレスで肌サイクルが乱れ、肌そのものがニキビのできやすい状態になってしまうためだといわれています。そこで、この大人ニキビのメカニズムを根本から絶つために和漢成分に注目したのです。保湿成分が肌に瑞々しい潤いを与えながら、薬用成分がニキビ・肌荒れを防ぐそうです。

オルビス・クリアミニセットの体験談や口コミをチェック!
ニキビケアなので肌質によっては、相性があるのかもしれません。効果ありと感じる方もいますが、ダメでしたという意見も見受けられます。ただ効果無しと感じている方は、『さっぱりタイプ』と『しっとりタイプ』の選び方が間違っていたのかなとも感じる方もいるようです。逆の方が良かったかもしれないという感想や体験談は少なくないですね。まず自分の肌質をしっかり把握することがポイントかもしれません!

ニキビ予防!

ニキビと紫外線の関係!
紫外線による日焼けは、シミ・ソバカスなどの色素沈着、さらに皮膚ガンの原因の1つだといわれています。この紫外線とニキビの関係について少し調べてみました!

ニキビは、皮脂や古くなった角質によって毛穴が塞がれ、そこに脂が溜まってできます。このとき関係しているのが活性酸素だそうです。そのそもニキビは、身体の中と外からの活性酸素により発症し、悪化するといわれています。さらに紫外線も活性酸素を生じさせるらしく、できたニキビが紫外線を受けることで炎症し、赤ニキビに発展する可能性があるそうです。

なお、ニキビの炎症を起こしているアクネ菌(ニキビ菌)は紫外線を感知すると、増殖し毒素であるポルフィリンを産出するそうです。これによりニキビがより悪化してしまうそうです。例えば、南国暮らしの人々は、ニキビ発症率が高いらしいですが、これは紫外線が関係しているとされています。

そのためニキビのできやすい肌には、UVカット剤などが必要なわけです。ただ、このUVカット剤に含まれる油分が毛穴を詰まらせ、ニキビに発展してしまうこともあるようです。一般的には、SPF値の高いタイプは油分が多い傾向があり、SPF15~20くらい、もしくはオイルフリーのタイプを選んで使うとニキビの悪化を少なく抑えられるといわれています。

ニキビと化粧品!
大人になると仕事に追われて化粧を落とさずに寝てしまったり、キレイに化粧を落としきれていない状態でスキンケアすることで毛穴を塞いでしまうことでニキビができることがあります。皮脂が毛穴から出られなくなると、皮脂や皮膚が生まれ変わるサイクルが乱れ、ニキビを悪化させてしまうわけです。

ニキビ対策としてスキンケアする場合も、自分の肌に合わなければ、ニキビケアにならず、逆にニキビの原因を作っているケースもあります。例えば乾燥肌で酷いアトピー性皮膚炎の場合、保湿のためにワセリンをたくさん塗ると、ニキビを作ってしまうこともあるようです。

乾燥肌でも毛穴が詰まるとニキビができることは、オイリー肌なら油分の多いクリームよりも、乳液やジェルタイプなどのライトなスキンケアの方がいいかもしれません。また肌の脂が気になるからと、保湿しないで洗顔ばかりをしていると、皮脂の過剰分泌を招いてしまうこともあり逆効果にもなるわけです。

さらに化粧品の中には、ニキビの原因菌を育てる栄養分を含むモノもあるそうです。例えばビタミンCもバイ菌が好む栄養素らしいですが、ビタミンCは皮脂分泌を抑える作用があるので、ニキビにはなりにくいそうです。さらに活性酸素を消す抗酸化成分が高濃度で含まれる化粧品なども、ニキビを作りにくいそうです。


ニキビ後の予防ケアのための導入型柔軟化粧水がリプロスキン!ニキビ後の予防(メラニンの生成を抑えシミ・ソバカスを防ぐこと)に関心がある方に!
>> リプロスキン 口コミ!ニキビ痕専用の導入型柔軟化粧水の効果!